長子の高校進学について、私なりに親の務めを果たそうかと思います

この春、近所の公立中学校に入学した長子のことです。
次は高校・・と、これはさすがに”受験”が必要になってくるので、慎重に考えなくてはいけません。
といっても、高校受験は殆ど本人の問題なので、親ができることは限られています。
しかも我が家の方針では学習塾を利用せず、通信添削教材を用いての自宅学習になるので、早くからの意識はそれなりに必要なのかな〜、と思います。
まずは、見えないレール作り・・・
第一志望はそれなりに偏差値の高い公立高校で、併願でそれなりに偏差値の高い私立高校・・・などなど
漠然と「高望み」してしまっている自分がいます。
いけませんね、これでは・・・まずはコツコツ学習する姿勢を保ち維持し続ける環境を整えることが大事ですよね。
好奇心旺盛な調子が、何かと興味を持つジャンルで、より適切な方向を示すことができるような、大人な親でいたいのですが・・・。
で、なんとなくですが、この地域の公立中学校からの進学状況を知りたくてネット検索したのですが、どうも、中学校で難しいと言われても進学塾のお陰で見事合格、というパターンは多いようです。
ふ〜む
やはり、大手進学塾のスキルはそれほど高いのですね・・・。
いや、公立中学校の進路指導ってそんな程度、という認識が正しいのかもしれません。
親力、鍛えなきゃ、ですね。フレシャスウォーターサーバー