友人からの出産祝いのお返しを探してきました

今日は、出産祝いのお返しの品を探しにショッピングモールに行ってきました。
頂いたのは、子供のお洋服とスタイ、靴下のセットでとっても可愛いんです。
3人からということでもらったんですが、きっと1万円くらいしたのではないかなぁと思い
だいたい1人2000円前後になるように何かないかなぁとふらふら。
お菓子の詰め合わせとかは無難だけど、次にいつみんなと集まれるかわからないので、日持ちとかが関係のないなにか「物」にしようと思いました。
みんな独身でお酒が好きです。なので、チタンのタンブラーなんかどうかなぁと思ったんですが、あの商品、割とお値段するんですね(笑)予算オーバーでした。
ちょっとお高めのパックとか美容系にしようかと思ったけど、肌質とか好き嫌いとかもわからないからと考え始めたらもう止まらなくて、何にしようーとドツボにはまり、3時間くらい色んな店を行ったり来たり。
子供を抱っこしながら歩いていたから、いい運動になりました。
結局、ホットもコールドも入れることのできるスヌーピーの模様の入った、透明のボトルにしました。3人とも違う模様にしました。
昔ならちょっと面白いプレゼントとか選びがちだったのですが、歳をとると、どうしても実用的なものを選んでしまいますね。
そして、仲良しでも人の好みのものを考えて選ぶのは難しい!と感じた1日でした。ミュゼ 価格

ビクトリア女王に、ドイツ人の兄弟がいるのに驚きです

よく知りませんが、日本で、母親の嫁ぎ先に行き、育つといったら、以前、大河ドラマで見た、渡辺謙さんの奥州藤原氏の清衡が思い浮かびます。それ以外は、大抵、実家に残りますよね。徳川家康だってそうでしょう。誰が、跡取りを、出しますか。出すとしたら人質でしょう。
それなのに、ビクトリア女王の時代には、ドイツの王国の跡継ぎをイギリスで育てたというのです。驚きました。しかも、ビクトリア女王の兄弟がドイツ人というのに、たまげました。お姉さんもいて、お姉さんもドイツに嫁いだようです。このあたり、戦国時代と全く同じですよね。同じところで結婚します。行ったり来たりです。それが、戦国時代は、日本人同士ですが、欧米は、民族をまたいでしているのです。すると、イギリスにいて、イギリス人でもないような気になりますが、大抵そのようなのです。
面白いですよね。そこで、持ったさらに検索したところ、ビクトリア女王の子孫が、ほとんど、欧州の王なのですね。キレイモ 9500