集団登校は本当に行わなければいけないことなのか

朝の登校時間に交通事故に巻き込まれてしまう子どもが多いよいです。
ニュースを見ていても、集団登校をしていた小学生の列に車が突っ込み、というニュースが多いように感じます。
集団登校は誘拐や不審者から子どもを守るためには効果的です。

しかし集団登校をしていたから、事故に遭遇してしまったということであれば、意味がないと思います。
その時間、たまたま事故現場を歩いていたから事故の遭遇してしまったということになるので、自由に登校をしたほうが良かったのではないか、と思うのです。

防犯上の問題があるのならば、帰りも集団下校をしなければいけないことになってしまいます。
しかし実際には集団下校を行っているところはあまりないようです。

どうしたら事故に巻き込まれることもなく、学校に通うことが出来るのか、ということを考えなければいけません。
集団登校の意味も再度見直して、事故に対応をすることを考えておいたほうがよいのではないかなと思います。キレイモ 料金