私立高校の授業料も無償化を政府が検討している

今日のニュースに、11月19日に政府は「人づくり革命」実現に向けて12月上旬にまとめる2兆円規模の政策の中に、所得制限を設けた私立高校の授業料無償化を盛り込む方向で調整に入ったとの記事があります。
公立高校はすでに授業料が無償化になっています。私立は東京と大阪を除いた地方ではまだのようです。しかし地方において私立は公立の滑り止めとなっていますし、必ずしも裕福な家庭の子弟が行くようにはなっていません。無理して私立に通わせている家庭が多いのではないでしょうか。もし私立の授業料も無償化されるとなると無理して私立へ通わせている家庭は助かると思います。
高校は義務教育でないので、無理して通わせることも無いと思っている人もいるようですが、現在は最低でも高校は卒業しないと思うような仕事には着けません。求人票を見るとほとんどの事業主が高校卒以上の学歴を求めていますし、学歴不問というものもありますが、経験や資格を求めているものがほとんどです。そのためにも高校の授業料無償化は私立も行うべきではないかと思います。